時短.com

いろんな角度からあなたの時短を応援するメディア

WordPress

WordPressで最強の画像圧縮プラグイン「Imagify」

更新日:

ライター、シゲの顔アイコンです。
こんにちは!シゲです!

今回は、WordPressでおすすめの画像圧縮プラグイン「Imagify」を紹介します。数ある画像圧縮プラグインの中でも使いやすさと圧縮率はトップクラスです!

気になる圧縮性能は?

こちらに5つの画像圧縮プラグインを比較検証した記事がありましたので、こちらのサイトをご確認ください。こういうのは地味に助かりますね。

表の引用転載許可をいただきました。

プラグイン 圧縮後のサイズ 圧縮数の制限 圧縮タイプ。その他 会員登録
EWWW Image Optimizer 202.7 KB 特になし 無料版はLossless圧縮のみNextGEN Gallery や GRAND Flagallery の画像も圧縮できる 不要
WP Smush 202.7 KB 特になし 無料版はLossless圧縮のみ 不要
Imagify 167KB 50MB/月(200KBの写真なら250枚) Agressive (Normal, Agressive, Ultraの3モードから選べる)
Imagify 143.69 KB  同上 Ultra(Normal, Agressive, Ultraの3モードから選べる)
Compress JPEG & PNG images 152.6 KB 月の上限500枚 Lossy(圧縮サービスで有名なTinyPNGが提供しているプラグイン)
ShortPixel 115KB 月の上限50 Lossy
RuuSki ルースキ より引用。

有名なEWWWよりも圧縮してくれます。

使いやすさは?

設定さえ完了すれば、あとは特に何もする必要はありません。

  • 画像アップロード時に自動的に圧縮をかける
  • 自動圧縮しないで、圧縮したい画像ファイルを個別に圧縮する
  • とりあえず、今アップロード済みの画像に全部圧縮かける

基本的にはこの3つだけ覚えておけば問題なし!

Imagifyならではの機能

この黄色いマーカーを引いた箇所、「Compare Original VS Optimized」をクリックすると、以下のように、オリジナルの画像と圧縮後の画像の劣化度合いを比較できます。といっても、素人目にはあまり分からないですけど。

また、圧縮済みの画像ファイルを圧縮かけようとしても「すでに圧縮されてるよ!」と言ってスルーしてくれます。これがなかなか便利。

というわけでimagify、なかなか使い勝手はいいですよ!次ページでは、インストール・設定について書いていますので、ちょっと試してみよう!という方は次のページへどうぞ!

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-WordPress
-, , , ,

Copyright© 時短.com , 2018 All Rights Reserved.